イギリスで愛される「スコーン」のおいしい食べ方

こんにちは、かっちん♪です!
今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

カフェなどの定番として大人気のスコーン。

手軽で難易度も高くないスコーンをおやつとして作る家庭も多いのではないでしょうか?

クックパッドなどのレシピサイトでスコーンを検索すると実に多くのレシピが出てきます。

スコーンの発祥

スコーンはスコットランドで発祥された伝統的な焼き菓子で、18世紀に貴族たちがアフタヌーンティーで大人気だったと言われています。

スコーン発祥のスコットランド

現在ではイギリス人の嗜好品となっていて、イギリスのカフェではスコーンは不動の人気を保っているのです。

スコーンの特徴

スコーンの特徴は、なんといっても食感だと思います!

クラストがさっくり、クラムがしっとりとしていて、噛むほどに甘味が出てきますが、口の中の水分が奪われるので飲み物も必要になります。

基本的には、小麦粉、砂糖、バター、牛乳、ベーキングパウダーがあれば作ることができます。

あとは好みで全粒粉などを使ったり、抹茶やココアなどで風味をつけたり、ドライフルーツやくるみなど入れたりと基本の配合があれば、さまざまなスコーンを楽しめます。

スコーンを作る際の注意点

スコーンは、パンのようにグルテンを作ってはいけません。グルテンを出してしまうと食感が全く別のものになってしまいます。

小麦粉や砂糖などの粉類を混ぜてから、バターなどの油脂をさっくり混ぜ合わせます。最後に牛乳などの液体系を入れて、粉っぽさがなくなる程度にさっくり混ぜたら生地が完成です。

ポイントは「さっくり」混ぜることです!!!そうすることでスコーン独特の食感を出してくれるのです。

紅茶に合うスコーン

イギリス人は、アフターヌーンティーとして紅茶と一緒にスコーンを楽しみます。

食べ方としてはスコーンの上下を半分に割り、ジャムとクロテッドクリームをたっぷりつけながら食べ、紅茶と一緒に食べます。

アフターヌーンティーで食べるスコーン

クロテッドクリームは、日本ではあまりなじみが薄いのですが、イギリス人のクロテッドクリームの消費量がとてつもなく多いのです。

スコーン以上のクロテッドクリームが山盛りのように出てきて、それでいてお代わりも自由というカフェもあるようです。原価がどうなるのか気になるところですね。

スコーンを食べるマナー

スコーンを食べるマナーというのがあるようです。

  1. 2つに割って食べる。
  2. ジャムやクリームは一度皿に移してから食べる。
  3. 細かくしたり、かぶりついて食べない。

スコーンに特化したマナーがあるなんてすごいですね。

スコーンのリベイクと冷凍保存の仕方

スコーンは粗熱が完全に取れてからがおいしいのですが、軽く温めることによりふわふわ感を出すことができます。

スコーンの大きさにもよりますが、電子レンジ(600W)で約10~20秒温めてください。さらにオーブントースターで約2分ほど温めればさっくり食感も出すことができます。

食べきれないスコーンを冷凍保存する場合は、食パンの時と同様にラップにしっかり包んでから、ジップロックなどに入れてください。スコーンに冷凍庫の他の食材などの匂いがうつるのと冷凍焼けを防止するためです。

解凍して食べる場合は、必ず常温で解凍してから温めてください。

スコーンオールスターズ
【送料無料】【RCP】そよ風のスコーンがズラッと勢ぞろい♪クロテッドクリームも付いてクール送料込のお得なセットです。

本場イギリスのクロテッドクリームをNakazawaが日本で初めて製品化 中沢クロテッド(100g)


プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店
パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】

糖質制限パン・スイーツは『低糖工房』

八天堂のプレミアムフローズンくりーむパン

■オススメ&参考書籍など■
パンづくりの失敗と疑問をスッキリ解決する本(監修)坂本 りか
パンづくりに困ったら読む本(著)梶原 慶春、浅田 和宏
いちばんくわしいパン事典 世界と日本のパン123種類・パンの知識と楽しみ方がわかる(監修)東京製菓学校
冷凍生地で焼きたてパン(著)高橋雅子
うっとりカレーパン (SPACE SHOWER BOOKs) 単行本(ソフトカバー)(著)水野仁輔
知れば知るほど面白い! ! カレーパンバイブル (芸文ムック)(著)井上岳久

■Kindle版■
今日は何のパン作る? cuocaオリジナルレシピ集 (レタスクラブMOOK) (著)クオカプランニング
きほんの手作りパン 失敗しないでどんどん上達 料理コレ1冊!(著)藤田千秋

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

A8.netの申し込みページはこちら

当ブログは以下のX-serverを利用して作成しています!
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』