いろんなものに大変身する小麦粉っておもしろい♪~水や熱で大変身~

こんにちは、かっちん♪です!
今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

小麦粉は、一緒に練り込む水や牛乳、卵などの液体によっていろいろな姿に変化します。変化する理由は、水と結合することで形成されるグルテンの力です。

水以外にも熱の力でも変化します。大まかな区分になりますが、最低限として3種類に分けたものを紹介します!

生地やうどんなどに大変身!

小麦粉100%に対して、水を50~70%入れて捏ねるとパン生地になります。水と結合することでグルテンが形成されるので、一見柔らかいのにしっかりとした弾力を保持しています。

生地は生地でもうどんを作る場合は、水の量も30%台前半と言われています。

これはかなりボソボソの状態です。ちなみに30%台いうのは機械でこねる場合で、手打ちにする場合は40%台になるようです。

機械の場合は、当然こね上げる力もありますし、生地に加わる摩擦の力も手でやるよりは大きいので、数字に差があるのです。30%台の水の量では捏ねるのも大変です。

バッター液や糊に大変身!

揚げ物をする時にパン粉をつける接着剤として使用するバッター液。

小麦粉、卵、そして小麦粉のおよそ2倍の水を入れることでバッター液が作ることができます。

状態としては、とろっとした感じになっています。材料が均一に混ざるだけでいいので、グルテンを形成させすぎないようにします。

小麦粉に対してさらに多い5倍~10倍以上の水を入れると、サラッとした状態になります。

これを鍋に入れて火にかけ、混ぜてあげると糊になります。今みたいに簡単に糊がない戦後の昭和時代は、このようにして使っていたんですね。

ルーに大変身!

小麦粉とほぼ同量の溶かしたバターを加えてフライパンで炒めていくとルーにもなります。炒める時間により色も変化していきます。

他に牛乳を組み合わせればホワイトソースにもなりますし、スパイスなどの香辛料を組み合わせればカレールーにもなります。

う~ん、小麦粉っておもしろい♪


プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店
パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】

糖質制限パン・スイーツは『低糖工房』

八天堂のプレミアムフローズンくりーむパン

■オススメ&参考書籍など■
パンづくりの失敗と疑問をスッキリ解決する本(監修)坂本 りか
パンづくりに困ったら読む本(著)梶原 慶春、浅田 和宏
いちばんくわしいパン事典 世界と日本のパン123種類・パンの知識と楽しみ方がわかる(監修)東京製菓学校
冷凍生地で焼きたてパン(著)高橋雅子
うっとりカレーパン (SPACE SHOWER BOOKs) 単行本(ソフトカバー)(著)水野仁輔
知れば知るほど面白い! ! カレーパンバイブル (芸文ムック)(著)井上岳久

■Kindle版■
今日は何のパン作る? cuocaオリジナルレシピ集 (レタスクラブMOOK) (著)クオカプランニング
きほんの手作りパン 失敗しないでどんどん上達 料理コレ1冊!(著)藤田千秋

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

A8.netの申し込みページはこちら

当ブログは以下のX-serverを利用して作成しています!
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』