オーブンはしっかり温めてからパンを焼こう!

こんにちは、かっちん♪です!
今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

当たり前だけど意外とできていない大事なこと!
パンは、しっかりと温まったオーブンで焼くことです。

料理でも基本はフライパンを熱してから調理しますが、例外もあり、具材を入れてから調理するというのもあります。でもパンに関しては、必ず温まったオーブンの状態から焼き始めなければいけません。

焼く前の準備を整えておく

ようやく長い発酵時間を経て、いよいよ焼けるという時には、すぐに焼けるよう事前に温めておきましょう!

オーブンレンジだと設定した温度まで上がるのに10分以上はかかります。パンは生き物なので、待っている間にもパンの発酵は進んでしまいます。

予熱を取ってからパンを焼く

確かにオーブンが温まっていない状態でパンを焼き始めても、パンとしては焼き上がります。そういう状況下で焼いたパンの見た目は悪くはないと思いますが、美味しさは半減してしまいます。

予熱なしから焼いたパンはどんな感じ?

低温状態から焼き始めたパンは、しっかりと焼き上がるまで時間がかかります。適正な状態と同じ時間帯では焼き上がりません。

長く焼くとパンはどうなってしまうのか?

焼くことによりパンの水分は蒸発していきます。なのでふわふわ感もなくなり、パサつく食感になってしまいます。またパンの耳の厚くなってしまいます。ふんわり感がなく、耳が厚いパンって食べたくないですよね?

パンを美味しく焼き上げる重要なポイントをおさらいします!

  1. オーブンは必ず温めておく。
  2. 焼くタイミングに合わせて事前に温度を上げておく。
  3. 待っている間も生地はどんどん発酵していく。

また焼いている間も扉の開け閉めは極力控えましょう!オーブンの温度も下がってしまいますし、生地がオーブンで伸びている最中だったら空気に触れることにより、伸び方が悪くなります。

美味しいパンを焼き上げるためにも準備などは惜しまずやっていきましょう!


プロも愛用するこだわりの小麦粉100種類以上!パン・お菓子作りの材料専門店
TOMIZ(富澤商店)

糖質制限パン・スイーツは『低糖工房』

八天堂のプレミアムフローズンくりーむパン

■オススメ&参考書籍など■
パンづくりの失敗と疑問をスッキリ解決する本(監修)坂本 りか
パンづくりに困ったら読む本(著)梶原 慶春、浅田 和宏
いちばんくわしいパン事典 世界と日本のパン123種類・パンの知識と楽しみ方がわかる(監修)東京製菓学校
冷凍生地で焼きたてパン(著)高橋雅子
うっとりカレーパン (SPACE SHOWER BOOKs) 単行本(ソフトカバー)(著)水野仁輔
知れば知るほど面白い! ! カレーパンバイブル (芸文ムック)(著)井上岳久

■Kindle版■
今日は何のパン作る? cuocaオリジナルレシピ集 (レタスクラブMOOK) (著)クオカプランニング
きほんの手作りパン 失敗しないでどんどん上達 料理コレ1冊!(著)藤田千秋

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

A8.netの申し込みページはこちら

当ブログは以下のX-serverを利用して作成しています!
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』